生理不順の原因は腸内環境??

「生理痛と腸内環境の関係とは?」
月経前症候群(PMS)の諸症状に悩む女性は少なくないと思います。

生理が近づいてくると、イライラする、気分が落ち込むなどの精神的な変化、または疲れやすい、肩がこる、つらい生理痛などなど人によってそれぞれ。

下痢、便秘もPMSの症状の一つに挙げられます。

下痢と便秘、まったく逆の悩みにも見えますが、共通するのはどちらも腸に関係があるということ。

腸は体内で子宮の隣に位置する臓器であるため、腸が子宮に与える影響、逆に子宮が腸の活動に与える影響は無視できません。

「下痢、便秘と生理痛」

生理前に下痢になりやすい人は、もともと体が冷えやすい体質である可能性があります。

冷え性の人は血液の循環が悪く、もともと下痢を起こしやすいのですが、生理中には多くの血液が失われるため、体の冷えを加速してしまい、より下痢になりやすいのです。

また体の冷え、血行の悪さはは生理痛の原因の一つでもありますので、冷え性の方は特に体を温める工夫をしたほうがよいでしょう。

軽めの運動や、しょうがなどの体を温める食物の摂取がおすすめです。

一方、便秘になりやすい人の場合はどうでしょうか。

そもそも生理前には、女性の体の中で黄体ホルモンというホルモンが放出されます。

このホルモンは子宮内膜を整える働きをするのですが、この際子宮の横にある腸の運動もゆるやかになってしまい、その結果便秘になりやすくなると言われています。

一度便秘になると、便秘が原因で生理痛をひきおこし、さらにそのストレスからさらに便秘が悪化するという負のスパイラルに陥ることもあるので、腸内環境を整え、便秘も生理痛も解消するよう心がけることが大切です。

「腸内環境を整える生活習慣」

生理痛の改善のために腸内環境を整えることが重要だということがわかりましたが、実際に腸内環境を整えるにはどういったことを実践すればよいのでしょうか?まずは、運動が挙げられます。

生理以外の時はもちろん、生理中にも軽い運動をするのはおすすめです。

運動によって血行がよくなり、便秘や冷えが原因の下痢、生理痛を予防、解消するのに役立ちます。

あとは、何といっても食事です。

腸内環境を整えてくれるものはズバリ、食物繊維を多く含む食品といえます。

食物繊維は腸内で私たちのために働いてくれている善玉菌のエサとなります。

食物繊維は野菜、果物、海藻類や納豆、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれます。

特にヨーグルトには乳酸菌の他に、生理中に失われやすいカルシウムも豊富なため女性の強い味方です。

積極的にこれらの食品を取り入れ、善玉菌を増やし、腸内環境を改善することでつらい生理痛にサヨナラしたいものですね!

腸内環境を整えるには青汁が良い理由まとめ

腸内細菌の種類

私たち人の腸内にはたくさんの細菌が住み着いています。

この細菌のことを腸内細菌と言い、全て合計すると1.5kgから2kgほどの重量になると言われています。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と大まかに分けて3種類あります。

このうち腸内環境の改善に役立っているのが善玉菌です。

善玉菌のほうが優勢になると腸内環境が改善していきます。

逆に悪玉菌のほうが優勢になると腸内環境が悪化していきます。

日和見菌はどちらか優勢のほうに味方すると言う特徴を持っています。

健康な人の腸内の場合、善玉菌2割で悪玉菌が1割、日和見菌は7割も占めていると言われています。

悪玉菌が優位になり日和見菌が敵になると悪循環に陥る恐れがあります。

善玉菌を優位にして割合の多い日和見菌を味方に付けたいところです。

青汁で腸内環境改善へ

腸内環境が悪化すると便秘し易くなります。

便秘は肌荒れや食欲不振、腹部膨張感など健康に悪影響を及ぼすことがあるため、なるべく解消したいところです。

そんな腸内環境の改善に役立つと言われているのが青汁です。

青汁は主に野菜を原材料に使用しており、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は胃腸で吸収されずに外に出るだけと考えられてきました。

ところが食物繊維にはプレバイオティクス作用が期待できると分かったのです。

プレバイオティクスは腸内まで届き、善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす作用のことを言います。

ヨーグルトなどにはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が含まれています。

外から補給するのに対し、プレバイオティクスでは既に住み着いている善玉菌を増やすと言う違いがあります。

食物繊維の種類

青汁に含まれている食物繊維には水溶性と不溶性と大まかに分けて2種類あります。

水溶性は水に溶けやすい食物繊維、不溶性は水に溶けにくい食物繊維です。

プレバイオティクス作用が期待できる食物繊維は水溶性です。

不溶性の一部にもプレバイオティクス作用があります。

その他にも水溶性食物繊維には便を柔らかくする働きが、不溶性食物繊維には便のかさを増して腸のぜんどう運動を活発にする働きがあると言われています。

水溶性ばかり摂取すると下痢を起こしやすくなる、不溶性ばかり摂取すると便が固くなるため、両方バランスよく摂取することが大切です。

青汁には水溶性、不溶性バランスよく含まれていると言うメリットがあります。

野菜や果物など食品からバランスよく補給するのでは大変です。

そんなときでも青汁なら手軽に腸内に補給することが可能です。

腸内環境を整えるには酵素が必須なの?

腸内環境には酵素は必要不可欠です。

その理由を説明します。

腸内環境が悪くなると、下痢や便秘、ガスがたまりお腹がはったりと様々な不調が出てきます。

腸内環境が悪化すると、ストレスも溜まり、肌荒れがおきて、全身の血流も悪くなるために、冷え性や生理不順までも引き起こしてしまいます。

腸内環境が良い人はいつまでも若々しく、元気で健康と言われています。

腸内環境は人にとってとても重要な事なのです。

では、なぜ酵素が必須なのかと言いますと、酵素を摂取すると腸内の毒素を分解してくれる効果があります。

毒素とは、食品に含まれている食品添加物や、脂質たっぷりの動物性タンパク質、加工食品、なかなか排出されない宿便などの事を言います。

それらを酵素は解毒してくれます。

酵素が腸内に沢山存在すれば、腸内細菌も活発に活動してくれて、腸内細菌みずからも酵素を生み出してくれるようになります。

腸内は良い栄養素を吸収する事だけがクローズアップされますが、腸内細菌みずからも酵素を作り出してくれます。

腸内環境が良好になれば、この酵素をみずから生み出す一連のサイクルを整える事になります。

そのサイクルの元にも酵素が絶対に必要になります。

ですから、腸内環境を気にする方には酵素がとても重要とされています。

酵素は生野菜や発酵食品に沢山入っていますが、そんなに毎日生野菜や発酵食品ばかり摂れないと言う現代人の方には、酵素ドリンクでも大丈夫です。

酵素ドリンクというと、ダイエットで人気が出て、置き換えダイエットなどをする場合に使われるイメージですが、実は腸内環境を整えるのにもばっちり効果がある飲み物なのです。

腸内環境が悪くなり、便秘になるとオナラも臭くなりますよね?そのオナラのニオイは腸内の毒素のかたまりです。

酵素を沢山摂る事により、解毒効果があるため、快便になり、オナラのニオイまでも改善していきます。

酵素の働きがスムーズで、腸内環境が良い人はオナラが臭くなく、むしろあまりオナラが出ない人が多いです。

また、酵素により悪玉菌をデトックスさせ、善玉菌を増やし、腸の蠕動運動も活発化されるため、自律神経も安定させ、副交換神経を優位にさせてくれるため、心身ともにリラックスさせてくれ、健康体へと導いていってくれます。

こういった腸内環境をコントロールするにはすべて酵素のパワーが必要不可欠になります。

人間のすべての健康の元となる腸内環境はいつも完璧でいてほしいですよね、その為には酵素を積極的に摂取しましょう。