生理不順の原因は腸内環境??

「生理痛と腸内環境の関係とは?」
月経前症候群(PMS)の諸症状に悩む女性は少なくないと思います。

生理が近づいてくると、イライラする、気分が落ち込むなどの精神的な変化、または疲れやすい、肩がこる、つらい生理痛などなど人によってそれぞれ。

下痢、便秘もPMSの症状の一つに挙げられます。

下痢と便秘、まったく逆の悩みにも見えますが、共通するのはどちらも腸に関係があるということ。

腸は体内で子宮の隣に位置する臓器であるため、腸が子宮に与える影響、逆に子宮が腸の活動に与える影響は無視できません。

「下痢、便秘と生理痛」

生理前に下痢になりやすい人は、もともと体が冷えやすい体質である可能性があります。

冷え性の人は血液の循環が悪く、もともと下痢を起こしやすいのですが、生理中には多くの血液が失われるため、体の冷えを加速してしまい、より下痢になりやすいのです。

また体の冷え、血行の悪さはは生理痛の原因の一つでもありますので、冷え性の方は特に体を温める工夫をしたほうがよいでしょう。

軽めの運動や、しょうがなどの体を温める食物の摂取がおすすめです。

一方、便秘になりやすい人の場合はどうでしょうか。

そもそも生理前には、女性の体の中で黄体ホルモンというホルモンが放出されます。

このホルモンは子宮内膜を整える働きをするのですが、この際子宮の横にある腸の運動もゆるやかになってしまい、その結果便秘になりやすくなると言われています。

一度便秘になると、便秘が原因で生理痛をひきおこし、さらにそのストレスからさらに便秘が悪化するという負のスパイラルに陥ることもあるので、腸内環境を整え、便秘も生理痛も解消するよう心がけることが大切です。

「腸内環境を整える生活習慣」

生理痛の改善のために腸内環境を整えることが重要だということがわかりましたが、実際に腸内環境を整えるにはどういったことを実践すればよいのでしょうか?まずは、運動が挙げられます。

生理以外の時はもちろん、生理中にも軽い運動をするのはおすすめです。

運動によって血行がよくなり、便秘や冷えが原因の下痢、生理痛を予防、解消するのに役立ちます。

あとは、何といっても食事です。

腸内環境を整えてくれるものはズバリ、食物繊維を多く含む食品といえます。

食物繊維は腸内で私たちのために働いてくれている善玉菌のエサとなります。

食物繊維は野菜、果物、海藻類や納豆、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれます。

特にヨーグルトには乳酸菌の他に、生理中に失われやすいカルシウムも豊富なため女性の強い味方です。

積極的にこれらの食品を取り入れ、善玉菌を増やし、腸内環境を改善することでつらい生理痛にサヨナラしたいものですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です