腸内環境を整えるには青汁が良い理由まとめ

腸内細菌の種類

私たち人の腸内にはたくさんの細菌が住み着いています。

この細菌のことを腸内細菌と言い、全て合計すると1.5kgから2kgほどの重量になると言われています。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と大まかに分けて3種類あります。

このうち腸内環境の改善に役立っているのが善玉菌です。

善玉菌のほうが優勢になると腸内環境が改善していきます。

逆に悪玉菌のほうが優勢になると腸内環境が悪化していきます。

日和見菌はどちらか優勢のほうに味方すると言う特徴を持っています。

健康な人の腸内の場合、善玉菌2割で悪玉菌が1割、日和見菌は7割も占めていると言われています。

悪玉菌が優位になり日和見菌が敵になると悪循環に陥る恐れがあります。

善玉菌を優位にして割合の多い日和見菌を味方に付けたいところです。

青汁で腸内環境改善へ

腸内環境が悪化すると便秘し易くなります。

便秘は肌荒れや食欲不振、腹部膨張感など健康に悪影響を及ぼすことがあるため、なるべく解消したいところです。

そんな腸内環境の改善に役立つと言われているのが青汁です。

青汁は主に野菜を原材料に使用しており、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は胃腸で吸収されずに外に出るだけと考えられてきました。

ところが食物繊維にはプレバイオティクス作用が期待できると分かったのです。

プレバイオティクスは腸内まで届き、善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす作用のことを言います。

ヨーグルトなどにはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が含まれています。

外から補給するのに対し、プレバイオティクスでは既に住み着いている善玉菌を増やすと言う違いがあります。

食物繊維の種類

青汁に含まれている食物繊維には水溶性と不溶性と大まかに分けて2種類あります。

水溶性は水に溶けやすい食物繊維、不溶性は水に溶けにくい食物繊維です。

プレバイオティクス作用が期待できる食物繊維は水溶性です。

不溶性の一部にもプレバイオティクス作用があります。

その他にも水溶性食物繊維には便を柔らかくする働きが、不溶性食物繊維には便のかさを増して腸のぜんどう運動を活発にする働きがあると言われています。

水溶性ばかり摂取すると下痢を起こしやすくなる、不溶性ばかり摂取すると便が固くなるため、両方バランスよく摂取することが大切です。

青汁には水溶性、不溶性バランスよく含まれていると言うメリットがあります。

野菜や果物など食品からバランスよく補給するのでは大変です。

そんなときでも青汁なら手軽に腸内に補給することが可能です。

オススメの青汁は??

オススメの青汁は『すっきりフルーツ青汁』です。
食物繊維だけでなく、乳酸菌も豊富に含まれているので便秘解消には凄く効果的です。

この記事は良くまとまっています。
食物繊維と乳酸菌を同時に摂取したいという方は見てみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です